ZenCartの操作方法について
世界柔道男子、エース二人に誤審!・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

世界柔道男子、エース二人に誤審!


先に仕掛けたのは井上の右足だった。やや浅い大内刈り。こらえるリネールを、井上は圧迫する。残り6秒。相手の体は確かに崩れたが、相手に振られた井上の体も畳をはう。主審は「有効」。捨て身の返し技を放ったリネールに、だった。約10分後、同じ悲劇に見舞われた鈴木がうめく。「何でこんなことが世界選手権で起こるのか」。鈴木の左大外刈りも確実にジリンスカスをとらえた。しかも、、
背中をたたきつける“会心作”。だが、一本勝ちの名乗りを受けたのは、畳に落ちた後に横分けで鈴木を投げ飛ばした相手だった。  IJFの川口孝夫審判委員は苦(く)悶(もん)の表情で「捨て身技は決めた方が有利。体をもっていかれるとだめなんだ」。だが、仕留めた後の返し技に軍配が上がっては、鈴木も立つ瀬がない。「技には流れがある。映像を見て、最後に背中をついたのが鈴木といわれても」と日本代表の木村昌彦マネジメントコーチ。機械はコンマ1秒の動きを映せても、勝負の機微は教えてくれない。 「柔道じゃねえ、こんなの」と斉藤監督。
日本の柔道が、国際大会で通用しない。そんな、感じだろうか?お家元の考えが必ずしも正しいとは評価されていないようだ。ある面、柔道の国際化が進んだ証拠でもあるのだが、、、。しかし、それにしても不可解な審判だ。むしろ、相撲のように先に体が地面についたほうが負け、という風に明確化した方がいいのでは?相撲と柔道の違いが審判にはわからないのだから。。。日本の男子のエースが二人とも負けたのは、北京に向けて黄色信号だ。
引用:2007/9/16:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/84493/
スポンサーサイト

TOP未分類世界柔道男子、エース二人に誤審! | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。