ZenCartの操作方法について
イチロー、恥ずかしいと不満・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

イチロー、恥ずかしいと不満


三回だ。先頭打者で3試合連続安打となる右前打を放ち、2番ビドロの2球目で試みた盗塁がアウトになった。  二塁ベース手前数十センチでスライディングを急停止し、ベースカバーに入ったジーターのタッチを巧みにかわしたにもかかわらず、不可解な判定。タッチされていないと懸命にアピールし、ベンチから飛び出したマクラーレン監督の猛抗議にも判定が覆ることはなかった。
五回の打席では、遊撃手前へのボテボテの当たりに快足を飛ばし、送球が届くより先に一塁を駆け抜けた。しかし判定はアウト。これまで際どい判定には、自分でセーフだと思っていても黙ってベンチへ帰るイチローが足を止め、不満の声を上げた。  「だって、際どくないもん。(こんな判定は)恥ずかしいよ。みんな見てるし。ああいう人たちと一緒にフィールドに立つことがすごく恥ずかしい」。腹の中は煮えくり返っていた。  試合は七回に投手陣が総崩れして8失点。守備陣の失策も絡んでの大敗に「僕らの野球も恥ずかしい。もう点を取らんとゲームにならんでしょ」と言い放ったイチロー。なんとも後味の悪い夜だった。
ヤンキースよりの判定ということだろうか?公平に見ているようで潜在的にそうなってしまうのは当然?なのかもしれない。ワイルドカード争い、松井かイチローか、日本人としても複雑である。
引用:2007/9/6:http://sports.yahoo.co.jp/news/20070906-00000022-dal-spo.html
スポンサーサイト

TOP未分類イチロー、恥ずかしいと不満 | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。