ZenCartの操作方法について
世界陸上、50km競歩山崎誘導間違いの真相?・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

世界陸上、50km競歩山崎誘導間違いの真相?


正周回記録員は目視でゼッケンを確認するが、副周回記録員はD地点で係員が読む番号に従い、周回をチェック。読み上げられるのはゼッケンの下2ケタだったが、今回は「2度(山崎の)11という番号が聞こえた」という副周回記録員が立て続けにチェックを入れ、誘導員に指示を与えてしまったという。もっとも、D地点の係員は「番号は1回しか言っていない」としており、真相は謎だ。
 大会運営の中心となる大阪府陸上競技協会には50キロ競歩の運営実績もなかった。また、テレビ放映のために無線などが制限され、完全に“アナログ”な運営になったことが要因と指摘する関係者もいる。
これは選手の立場に立っては、絶対あってはならないミスだ。この大会の最大の汚点になってしまった。さまざまな理由があっても、それは許されない。今回の大阪大会は準備不足や運営に問題がかなりあったのではないだろうか?大会成功とは偽りである。素直に反省すべき!
引用:2007/9/1:http://news.livedoor.com/article/detail/3290572/
スポンサーサイト

TOP未分類世界陸上、50km競歩山崎誘導間違いの真相? | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。