ZenCartの操作方法について
ゲイ、9秒85、朝原は決勝進出ならず-世界陸上・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

ゲイ、9秒85、朝原は決勝進出ならず-世界陸上


 陸上の世界選手権大阪大会第2日は26日、大阪・長居陸上競技場などで行われ、男子100メートルはタイソン・ゲイ(米国)が9秒85で初優勝した。世界記録保持者のアサファ・パウエル(米国)は、、
9秒96で3位。これに先立つ準決勝で朝原宣治(大阪ガス)は1組で10秒36の8着に終わり、日本勢初の決勝進出はならなかった。  女子400メートル予選では丹野麻美(福島大)が52秒13で準決勝に進んだ。日本女子が短距離種目で予選を突破したのは初めて。男子400メートル障害準決勝で成迫健児(ミズノ)は1組5着の48秒44で決勝に進めなかった。 
朝原、決勝に進めなかったのが何より残念。
世界新の期待がかかっていたが、9秒85のゲイは、まずまず。
ちょっと、ゲイという名前は日本人にはきつい?
引用:2007/8/26:http://sports.yahoo.co.jp/news/20070826-00000079-jij-spo.html
スポンサーサイト

TOP未分類ゲイ、9秒85、朝原は決勝進出ならず-世界陸上 | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。