ZenCartの操作方法について
広陵・中井監督が“疑惑の判定”に決意の発言・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

広陵・中井監督が“疑惑の判定”に決意の発言


第89回全国高校野球選手権大会決勝で4-5で佐賀北に敗れた広陵。試合後の広陵ダッグアウトが涙に包まれる中、判定を巡っての決意の発言が聞こえた。  本当は「何か」を言いたい。“疑惑の判定”に野村祐輔投手(3年)が泣いた。  「悔いはない。審判が正しいから仕方がない」  魔の八回だった。一死満塁。井手へのカウント1-3からの5球目。真ん中低めの真っすぐに球審の手は挙がらなかった。
押し出し四球。直後、副島に満塁弾を浴びた。  「誰が見てもおかしい。批判の声があるかもしれないが言わないと変わらない。教育者として言う権利はある。監督をやめても良いと思うくらい悔しい」。中井哲之監督(45)は教え子たちの思いを代弁した。  熱中症に苦しんだ分だけ、勝ちたかった。だからこそ「選手はよくやった。負けを受け止め、これからの人生を歩んでほしい」と結んだ。  センバツを3度制しながら、40年ぶり3度目の決勝進出で夏の初優勝はまたしても…。古豪の夢は後輩たちに託された。(阿部祐亮)
きっときっと、悔しすぎたんだろうなあ。
特に人為的ミスはなかなか整理するのに時間がかかる。
ただ、教育者として発言する権利があるというのは、よく意味がわからない。別に教育者をつけなくてもいいのでは?
■高野連が中井監督を厳重注意へ「審判も人間だから」  中井監督の発言を受け、日本高野連の田名部和裕参事(61)は「審判も人間だから難しい。アマチュア野球の世界で言ってはいけないコメントだと断言します」と批判。23日、大阪市内で準優勝報告会が行われるが「そこで厳重注意をしようと思っています」と話した。
それはその通り。ただ、同じように審判にも厳重注意をしておくべきではないでしょうか?それに、やや高飛車な言い方が気に入らないなあ!
■土生主将「胸を張って帰りたい」  土生主将は逆転負けにも「力を出し切れた。これ以上ない3年間だった」と達成感をにじませた。試合中は「勝っても負けても最後の試合。楽しもう」とナインに声をかけ続けたという。「胸を張って帰りたい。佐賀北には最後まであきらめない執念を感じた」と優勝校をたたえた。 ■広陵OBの声 ◆阪神・金本  「テレビで見てたよ。やっぱり決勝(の敗戦)は悔しいなあ。でも、お疲れさんや」 ◆巨人・二岡  「残念ですけど、よく頑張ったんじゃないですか」 ◆巨人・西村  「ここまで来たんだからよく頑張ったと思います。勝てれば一番よかったんでしょうけど…。残念です」
引用:2007/8/23:IZAニュース-サンスポ
スポンサーサイト

TOP未分類広陵・中井監督が“疑惑の判定”に決意の発言 | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。