ZenCartの操作方法について
77歳で甲子園!木内マジック!・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

77歳で甲子園!木内マジック!


あの名監督が健在だった。 なつかしの常総と木内監督。 まさしく誰もが知る甲子園の名監督だろう。 その野球馬鹿は以前テレビの取材で見たが 凡人の非ではない。 すべてを野球と高校球児にかけた人生と言っても 過言ではないのではないだろうか。
「1点を追う九回二死一、三塁で背番号14の宇津木が同点打。十回一死満塁では背番号19の川崎の右飛から決勝点と選手起用も当たり、“木内マジック”は健在だ。」 この木内マジックという言葉がとても懐かしい響きに聞こえてしまう。 「私は(勝利を)あきらめました。でもやるのは生徒。きょうは生徒の勝ち、監督の負け。フフフ」 このコメントはノムさんのコメントと同じぐらい味がある。 「 03年の全国制覇直後に監督を退いて以来の甲子園。「優勝? そんな強かない。まだ、オレがなんか言わねえと(選手が)動かねえんだよ」と嘆いてみせたが「向こう(甲子園)行って強くなりますから」とも。」 なんとも頼もしいではないか。選手が甲子園で成長するのをだれよりも知っている監督。 甲子園の魔物が味方するに違いない。 記事引用:ヤフーニュース産経新聞
スポンサーサイト

TOP野球77歳で甲子園!木内マジック! | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。