ZenCartの操作方法について
浦和の勝利の影にはニンジンが?・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

浦和の勝利の影にはニンジンが?


この記事を読むまで知らなかったが、Jリーグの各チームでは、勝利したら 別の手当てが出るのが当たり前らしい。 それが、浦和はとても他のチームより高いということだ。 なるほど、それならば、人間いろいろあってもチームの勝利のために 選手はがんばるだろう。 それだけとは、思いたくないが、、、、。 浦和に住んでいる私としては、それはそれでチームの戦略として 大切なことだと、やや浦和びいきしてしまうのだが、、、。 以下記事
FW高原の低迷、DF闘莉王は右肩負傷などマイナス要因を抱えながら首位をキープする浦和。今週末は宿敵G大阪(17日、埼玉スタジアム)と対戦だ。なぜ選手がそろわず、内容もイマイチなのに勝つのか-。巷で話題に上るのは勝利給の威力だ。 「浦和では選手ごとに勝利給の値段が違うようだ。1番もらっているクラスで、1勝するごとに90万円といううわさ。それが本当ならば、昨年は闘莉王で2000万円ぐらい稼いでいる計算でしょう」  これが関係者が漏らす浦和の勝負強さの秘密。埼玉スタジアムがサポーターで真っ赤に染まるのを見るたびに、「おカネに見える」というのもうなずける。 人気低迷が深刻なサッカー界でスター不在は最大の懸念材料。日本人の1億円プレーヤーはFW高原、闘莉王ら数選手といわれているが、実際には浦和だけ別だったようだ。Jリーグでも、確実に格差社会が広がっている。 Jリーグではクラブごとに給料体系が異なる。基本給以外に、「試合出場給」を導入するクラブもあるが、ゲームに勝った場合だけに支払われる「勝利給制」が大勢を占める。その勝利給についてもチームごとに、ばらつきがあり、「一般的には30~40万円ぐらい」(関係者)が相場のようだ。 ところが、金満浦和では違う。浦和は昨季、リーグ戦でV逸したが、並行して行われたACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)で優勝してアジア王者になった。「選手とともにクラブも戦うため」(浦和・藤口社長)として、浦和は予選を含め12試合を戦ったACLでも、リーグ戦同様の勝利給を導入していた。なんと、他クラブの2、3倍の勝利給の大盤振る舞いを続けていたわけだ。 解任された昨季のオジェック前監督はかたくなまでにメンバーを固定。そのため、最後には猛反発を生む結果になったが、控え選手にしてみれば、カネにまつわる裏事情に関しても切実だったわけだ。 現在のエンゲルス監督は若手選手にもチャンスを与え、積極的に起用。その結果、勝利給も幅広い選手に行き渡っていることになる。内容うんぬんを別にしても浦和は勝つわけだ。 世の中やっぱりカネなのか。浦和と対戦するJリーガーには一念発起。もっともっと燃えてもらいたい。 記事引用:2008/5/14:http://sports.yahoo.co.jp/news/20080514-00000032-ykf-spo.html
スポンサーサイト

TOP未分類浦和の勝利の影にはニンジンが? | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。