ZenCartの操作方法について
亀田を内藤が圧勝!ボクシングフライ級タイトルマッチ。・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

亀田を内藤が圧勝!ボクシングフライ級タイトルマッチ。


フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、王者・内藤大助(宮田)が挑戦者の亀田大毅(協栄)に判定勝ち。正直言って、「ホッ」とした。これ以上、この悪態を見ることに耐えられないからだ。反則を最後の回に連発して、負けた後、チャンピオンに握手もせずに帰る姿は、スポーツの精神に反する。負けたら切腹とまで言った責任はどう取るのか?かなりの自重と反省が必要だろう! 以下記事:
対戦相手のほとんどが実績の不明な外国人では、一方的な敗戦は当然の結果か。強打者に有利とされる、ナックル部分の薄いメキシコ製のグラブが採用されるなど、背中を押す力はあった。  だが、30戦を超すキャリアを持つ内藤の前には、技術の取り繕いようはなかった。リーチで10センチ上回る王者にいいようにあしらわれ、身体で教育を受けた。最後には、意図的に相手をつり上げて投げようとするなど、ボクシングを冒涜(ぼうとく)していると非難されても仕方ない醜態をさらした。 「負けたら切腹する」「ゴキブリ」。王者に投げつけてきた言葉のつぶてだけが、むなしく響く。(国府田英之)
記事引用:2007/10/11:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/89940/TrackBack/
スポンサーサイト

TOP未分類亀田を内藤が圧勝!ボクシングフライ級タイトルマッチ。 | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。