ZenCartの操作方法について
シドニー五輪陸上の女王、ジョーンズ、ドーピング告白!・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

シドニー五輪陸上の女王、ジョーンズ、ドーピング告白!


2000年シドニー五輪で陸上女子短距離のスーパースター、マリオン・ジョーンズ(米国)が2000年シドニー五輪の前からドーピングをしていたことを告白した。金メダル3個、銅メダル2個が剥奪される予定だ。うそをつく事に疲れたのだろうか?栄光がすべて消えうせた瞬間だったろう。以下記事。
AP通信によると、ジョーンズはシドニー五輪前から、当時のコーチだったトレバー・グラハム氏から「クリア」と呼ばれる薬物を渡されていたことを告白。さらに03年に薬物使用を否定した時点で、既に運動能力を向上させる作用がある薬物を使用したという認識を持っていたことも明らかにした。ジョーンズは「(薬物使用により)回復力が早くなり、タイムが伸びた」と証言した。  国際オリンピック委員会(IOC)はシドニー五輪で獲得した計5個のメダルはく奪を急ぐ方針。国際陸連(IAAF)も薬物摂取後の成績を抹消する可能性を示唆した。  ジョーンズはシドニー五輪の百メートル、二百メートル、千六百メートルリレーで3個の金メダルを獲得し、2個の銅メダルも手にした女子陸上界のスーパースター。米国陸上界では、昨年7月、当時の男子百メートルの世界記録保持者でアテネ五輪金メダリストのジャスティン・ガトリンの禁止薬物違反が発覚し、男女のスター選手が薬物使用に手を染める事態となった。  「クリア」は米国の栄養補助食品会社「BALCO(バルコ)」が開発した薬物。ジョーンズは同社関連の裁判で、大リーグ歴代最多本塁打記録を持つバリー・ボンズ(ジャイアンツ)らとともに召喚され、証言していた。
引用:2007/10/6:http://sports.yahoo.co.jp/news/20071006-00000038-mai-spo.html
スポンサーサイト

TOP未分類シドニー五輪陸上の女王、ジョーンズ、ドーピング告白! | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。