ZenCartの操作方法について
涙の会見!ドラフト佐藤由、ヤクルトへ・MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOPスポンサー広告スポンサーサイト | Top▲

涙の会見!ドラフト佐藤由、ヤクルトへ


すごい涙でしたね。よほど、プロに入れるのがうれしかったのか、あるいは親孝行したい思いがつよいのか、大阪桐蔭の田中翔とは対照的でした。157キロの右腕は、もともと左投げだったそうで、守備範囲が狭まるからと父の均さんからいわれ、高校入学後変えたのだという。最初は仙台育英でとてもレギュラーになれるレベルではなかったようだ。そこから努力で3年間でここまでこれたのだから驚きだ。ぜひ、160キロを超える右腕となり、プロ野球を盛り上げて欲しい。古田監督もあと一年やりたがるかも?
記事:  「(くじを)引いてもらってやっとプロの世界に入るんだなと実感しました」と話し、ヤクルトについては数秒黙り込んだが、「パッと言葉では言えないが、どこのチームでもプロというのは間違いないので、やっと将来の夢だったプロ入りが叶って、すごく感動しています」「やるからには日本最速、できれば世界最速を目指したい」と話した。  会見が進み、故郷を離れるにあたって、両親に対する思いが募って「両親の支えがあったからここまで来れた」と人目もはばからず涙を流し続けた。  佐藤は男3兄弟の二男。仙台市内でタクシー会社を経営する父、均さん(47)は「兄弟で一番どんくさい。兄がリトルリーグをやっていたが、由規は『なんでやんなきゃいけないの』と嫌がった」と明かす。特待生で仙台育英に進学。本来左利きだが「左投げだと守備位置が限られる」と均さんが右投げにさせた。  入学当初、母・美也さんは練習を見に行くたび、「レギュラーは到底ムリ。最後まで練習についていければ」というのが偽らざる本音だった。  それでも「マイペースだがこつこつやる」(均さん)という努力を重ね、2年夏からは3大会連続で甲子園出場。今夏には大会史上最速の155キロをマークした上、最終回に150キロを出すタフネスぶりをみせた。
引用:2007/10/4:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/88132/
スポンサーサイト

TOP未分類涙の会見!ドラフト佐藤由、ヤクルトへ | Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。