ZenCartの操作方法について
MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top▲

石川遼!米ツアーどうなる?


とうとう石川遼が米ツアーに参戦する!

そこでの記者会見の様子がニュースになっていたが
堂々たる姿にアメリカの記者も感心したそうだ。

ハロー、アメリカ!

なんだかこんなせりふが似合うのも
17歳のウイウイしさと
遼くんの持つさわやかさだろう!

アメリカでも石川遼の名前は
旋風となる可能性は十分秘めている。

とにかく
彼は人間力がすごいからだ。

かれのそたちの良さからくるものだろうか?

観ている人をいやな感じにさせない
不思議な魅力がある。

彼なら実績さえ残せれば
タイガーウッズと同じ人気を
アメリカでも獲得できるのでは
ないかと私は確信する。
スポンサーサイト

Top▲

岡田ジャパン引き分けでも負け!


岡田ジャパンはまたしても危機に瀕している。

昨日の日本代表のオーストラリアとの試合を見れば
多くのサポーターは同じことを思ったのではないか。

いくら内容が良くても勝てなければ意味がない。

岡田ジャパンに限らずいままでの代表の試合は
内容的には良くても、得点が入らない試合が多い。

今回は大久保を温存して後半に使い得点を取りたかったようだ。

しかし、大久保をオーストライアもしっかりとマークしていた。

どうしても岡田ジャパンのイメージは以前のフランス大会の
2番煎じのように思ってしまう。

岡田さんには悪いがもっと新鮮味のある監督人事をするべきだった。

このままでは日本代表の人気が下降する一方だろう。

ワールドカップ4強入りを掲げてるがちょっと高望みではないだろうか。

予選突破ぐらいがちょうどいい。

それでも高望みかもしれないが、、、?

それにしてもオーストラリアがアジアや中東のグループに入ったのは
日本または韓国への嫌がらせのように勘ぐってしまうが?

<W杯アジア最終予選:日本0-0オーストラリア>◇11日◇A組◇日産ス

「予選が半分終わって、確実に進歩したと思ってます。これから精度を上げていきたい。内容は良かったと思います」。公式会見では前向きに振り返ったが、本音は違った。ロッカー室で、選手にはこう話していた。「いい試合をして、いいチームになった。でも、勝てなかった。オレは負けて残念だ」。勝ち点1を上積みも、ホームで強敵を倒せず、はっきりと「負け」と判断した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000013-nks-socc


Top▲

ヨナが語る真央への本音


四大陸フィギアで優勝したキム・ヨナの本音が聞けた。

いつも比較される浅田真央に対しては
今はライバルだけと将来は良き友人としてありたいと
いう発言だった。

ついつい日本と勧告のマスコミはキム・ヨナと浅田真央を
競い合わす関係にしたがる。

来年のバンクーバーの冬季五輪では
その戦いが見れるだろうが
このような少女らしい発言は
もう少し報道してもいいのではないだろうか?

まだお互い18歳。

遊びたい時期だろうし、社会に出て様々な苦労を
今後するだろう。

その時同じような経験や境遇を味わった二人は最大の
理解者になるに違いない。

いや、この二人にしかわからない世界がきっとあるだろう。





フィギュアスケート4大陸選手権の女子シングルで優勝したキム・ヨナ選手。韓国の年齢で20歳(満18歳)、可愛らしい少女のはつらつさより、成熟した女性の爽やかさが似合う年頃になった。この春高麗大学に入学予定の彼女が夢見る未来とは、どのようなものだろうか。カナダ・バンクーバーで聯合ニュースのインタビューに応じたキム選手は「時々未来について考えますが、コーチと振付師、どちらもやりたい」と、おぼろげながら青写真を見せてくれた。

ジュニア時代から常に比較対象となってきた、同い年の浅田真央選手(日本)については、競争相手より良い友人になりたいと語った。

「選手としてよく比べられ、韓国と日本のメディアも2人の競争に関心が高いのは事実。率直に言って、今の状況はお互いにとって負担になるしかありません。でも、引退すればまったくそんなことはないと思います。今はライバルなので気まずいですが、良い友人として残れたらうれしいです」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000031-yonh-spo


Top▲

四大陸開幕、真央SP6位!ヨナ首位!


フィギュアスケート四大陸選手権は4日、
冬季五輪の会場となるバンクーバーで開幕したが、
期待の浅田真央は女子ショートプログラム(SP)で、
57・86点の6位と出遅れた。

村主章枝が60・18点で4位、鈴木明子は55・40点で9位。

最大のライバル金妍児は72・24点で首位に立ち、
地元カナダのジョアニー・ロシェットが2位につけた。

浅田は最初の4回転、3回転のコンビネーションジャンプで体勢を崩してしまい、
調子に乗り切れなかった。
さらにはトリプルルッツが回転不足になるなど真央らしさがなかった。
浅田はきょうの演技について聞かれると
「良くなかったです。(フリーは)気持ちを切り替えて頑張ります」と。

フリーでの逆転は得点差だけを見ると相手がミスをしない限り難しいだろう。

ただ、まだ本番ではない。ここは来季に向けてチャレンジする精神で
挑めれば十分なのではないだろうか?

リンクがあってないとか言われて入るが
オリンピックの大舞台では技術より、
本当の実力を出し切ったものだけが勝てるところだ。

ここで勝って心の隙を作るより、
本番に勝つためのステップとして
経験を積んでいくような気持ちで頑張って欲しい。


フィギュアスケートの四大陸選手権は4日、バンクーバーで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で、2連覇を狙う浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=は57・86点の6位と出遅れた。

村主章枝(28)=avex=が60・18点で4位、鈴木明子(23)=邦和スポーツランド=は55・40点で9位。金妍児(18)=韓国=72・24点で首位に立ち、地元カナダのジョアニー・ロシェットが2位につけた。

2010年バンクーバー冬季五輪のテスト大会を兼ねる今大会。浅田は最初の4回転、3回転のコンビネーションジャンプで体勢を崩し、さらにはトリプルルッツが回転不足になるなど精細を欠いた。浅田はきょうの演技について聞かれると「良くなかったです。(フリーは)気持ちを切り替えて頑張ります」と前を向いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000516-sanspo-spo


Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。