ZenCartの操作方法について
MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top▲

岡田監督、今度は高原外し!


岡田監督が日本代表から高原を外した。 岡田監督といえば以前の日本代表から三浦カズを外したことは あまりにも有名。そして、今度は高原。 温情と非情の入り混じった指揮官と評されるが 結果的にどうなのかがプロの世界。 以前のワールドカップではカズを外したことが 裏目に出たことは否定できないのでは。 絶対的なエースを育てるためには 不振だから外すのでは、、信頼関係が崩れる。 強いチームには大黒柱が必要。 監督の戦略や作戦だけでは勝てない。 まあ、高原には発奮してもらいたいが、、ね。 以下記事。続きを読む
スポンサーサイト

Top▲

浦和の勝利の影にはニンジンが?


この記事を読むまで知らなかったが、Jリーグの各チームでは、勝利したら 別の手当てが出るのが当たり前らしい。 それが、浦和はとても他のチームより高いということだ。 なるほど、それならば、人間いろいろあってもチームの勝利のために 選手はがんばるだろう。 それだけとは、思いたくないが、、、、。 浦和に住んでいる私としては、それはそれでチームの戦略として 大切なことだと、やや浦和びいきしてしまうのだが、、、。 以下記事続きを読む

Top▲

ノムさん、野茂に厳しい評価


野村監督が、野茂獲得の意思がまったくないことを意思表示した。 昔から、野村再生工場と言われるくらい、数多くの選手をよみがえらせてきた 実績を持つ監督だけに、私としては、最後のヒノキ舞台を野村監督の下で、、、 と思ってしまうのだが。 規則を破って向こう(米国)に行った者を人道的にも取れないと厳しい評価。 野茂がそこまでして、後継の大リーグの日本人への道を開いたことにも評価してほしい。 以下記事。続きを読む

Top▲

ロナウジーニョの引退が近い!


ロナウジーニョという誰もが知るサッカーのスーパースター。 日本人にはとうてい発音しにくいこの名前を何度言ってみたことだろう。 しかし、それも後わずかしかないかもしれないという。 そうとう体のあらゆる部分が悪いらしい。 最近は試合にでることすら出来ない状態。 そして、所属チームのバルセロナとの確執。 高い移籍金ゆえに他チームからもなかなか容易に声がかからない。 もし、復帰しても、かつてのようなスーパープレーが期待できないとなると、、、。 スポーツの世界の厳しさを感じてしまう記事だ。 以下引用記事 続きを読む

Top▲

投手の資質?投手が利き手をドアをたたき骨折するのは?


こんなことがあるのかと、目を疑った。 なんと、以前広島に在籍し現在はカンザスシティー・ロイヤルズに所属するジョン・ベイル投手が、故障者リストからの復帰間近に利き手である左手を骨折した。理由は肩の調子が悪いことに腹を立てて、泊まっていたドアを利き手である左手で殴打して、骨折したという。 野球のピッチャーが自分の利き手を自ら骨折させることをするのは、自殺行為に近いのではないかと思ってしまった。それに、感情をコントロールできないと投手としては、大事な場面で良い投球が出来ないように感じてしまうのだが、、、、。資質を疑われても仕方がないだろうなあ、、、、。以下記事。 続きを読む

Top▲

伊達公子の強さより日本テニスの弱さが!


伊達公子、11年ぶりの復帰で、シングル準優勝、ダブルス優勝の好成績をおさめた。 最近話題性のない日本のテニスにしばらくぶりにマスコミが騒ぎ立てていた。 しかし、やはり11年前より伊達が強くなっているとはだれも思ってないだろう。 本人もそれはわかっている。 どんなにスピードがあるとはいえ、ドーピングでもしない限り、このブランクはとてつもなく大きい。 技とテクニックは、試合をすればだんだんと元にもどるかもしれないが。 正直言って、日本テニスとしては強くなっていないということの証明だろう。 テニスというスポーツはまた、組織では強くなりにくいことの表れだろうか? 強烈な個性とオリジナルのすばらしい選手が現れるのを待つしかないのかもしれない。 以下記事続きを読む

Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。