ZenCartの操作方法について
MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top▲

松坂15勝!地区優勝!


松坂が15勝目をあげた。しかも、地区優勝を決める大事な試合での登板だった。この日の投球は危なげのない内容だった。やはり、昔からのここ一番に強いイメージは本物だった。ただ、これが最終登板になってしまう。結局、17勝以上は幻、、。残念! 続きを読む
スポンサーサイト

Top▲

中日!M6!


しかし、阪神が勝てないなあ?どうしたんだろう?中日が勝ったものの、残り試合からして巨人が優位なのは明らかだ。ただ、中日の強さは誰もが認めるところで、のらりくらりしながらも、結局中日かあと、なるかもしれない。続きを読む

Top▲

レスリング世界選手権、日本金女子4個、男子1個!


日本女子レスリングは強い!4個の金メダルだ。特に63キロ級で伊調馨が優勝し、5連覇達成!すごすぎる!続きを読む

Top▲

512日ぶり負け、斉藤!


とうとう、512日ぶりの負け。しかし、すごい数字だ。調子が最初から悪かったそうだ。9安打で2点取られる。しかし、極端に悪い数字ではないだろう。それより、いままでが勝ち過ぎだろう。しかも、まだ1年生。これからこれから、、、、!続きを読む

Top▲

浜口、誤審で敗退!


うーん、ここが勝てれば、日本が5階級制覇だった。しかし、浜口にいつも試練がくるねー。明らかに審判の誤審なので、審判が悪い。しかし、以前同じズテラバに鼻を折られて負けたように、相手も必死だったのだろう。それだけ、実力が接近していることでもあるのでは。北京で確実に金を取るための代価と考えれば、なんとか乗り越えられるのではないだろうか。少なくとも北京大会でなかったことが、何よりも幸いだ。がんばれ!京子!!続きを読む

Top▲

白鵬!見事優勝!


白鵬が見事優勝した!たいしたもんだ。性格や態度も朝青龍に比べて、日本人にしっくりする。ぜひ、さらに精進して朝青龍を超える横綱になxってほしい。続きを読む

Top▲

松坂、またも15勝目お預け!


松坂が勝運から遠ざかっている。今日も5-3で7回までリードして降板した。その後、リリーフ陣が打たれ、またしても15勝目ならず。その後、打線が逆転してチームはプレーオフ一番乗りを決めた。あと、何試合投げるのかな?17勝ぐらい出来るとおもっていたのだが、、、。続きを読む

Top▲

巨人クライマックスシリーズ一番乗り!


小笠原を敬遠して不調の李承ヨプと勝負した。それが、アダとなってしまった横浜。一方、巨人は逆転勝ちで、クライマックスシリーズ一番乗り。野球の神様は巨人を勝たせたかったのかなあ?続きを読む

Top▲

桑田、来季も現役?右足首手術!


桑田が痛めた右足首の手術を行った。来季の現役続行を目指しているらしい。まあ、反対する理由はないが、そうそううまくいくのだろうか。むしろ今辞めたほうが、今後の人生にいい影響を残しそうな気がするのだが、、、。続きを読む

Top▲

松井秀、147打席ぶり24号!


松井が34試合ぶりのホームラン。久しぶりだなあ。今季は30号行くと思ったんだが、、、。8月8日以来とは、、、。まあ、チームに貢献しているとは思うが、個人タイトルも狙ってほしいのは、私だけだろうか?続きを読む

Top▲

古田退団決定!


古田選手兼監督がヤクルトを今季限りで退団するという。成績不振が原因だ。来期は監督に専念するのかと思っていたのだが、、、。今のヤクルトでは誰がやっても難しいのではないだろうか。ヤクルトの顔がいなくなるのは、球団にとっても痛手。どうなるのだろう?続きを読む

Top▲

阪神一丸野球で首位に!


最近の巨人vs阪神戦は面白い。首位攻防戦。しかも、シーソーゲームが多く、最後までわからないからだ。ただ、今日も含め、結果的には阪神が最近では5連勝。首位を狙うには、巨人は阪神に勝つことが必要。特にJFKを打てるかどうかが大切だろう。でも、チーム一丸となっているのは阪神だろうなあ。以下、昨日の結果。続きを読む

Top▲

世界柔道無差別級、日本意地の男女金!


最後の維持を日本が見せた。世界柔道最終日、無差別級で男女とも、日本が金メダル!やったぜ、日本!今大会の不振に一筋の光が見えた。続きを読む

Top▲

谷、世界柔道金!


谷亮子はなんて強いんだろう!顔はかつての少女から明らかに年輪を感じさせる顔に変わっていた。もう、若くないなあ、正直な感想だ。だが、試合運びは、その年齢にふさわしく、相手に隙を与えない戦い方だった。やや、物足りないぐらいな感じだったが、それだけ、堅実に無駄な動きを抑えて、勝にこだわったのだろう。あらためて、日本柔道の大きな存在であることを十分すぎるぐらい感じさせられた。続きを読む

Top▲

松坂、岡島、仮装でお笑い?


大リーグ新人の恒例のイベントがレッドソックスの松坂、岡島に行われた。新人とベテランを少しでも近づけようとする儀式なのか?続きを読む

Top▲

世界柔道男子、エース二人に誤審!


先に仕掛けたのは井上の右足だった。やや浅い大内刈り。こらえるリネールを、井上は圧迫する。残り6秒。相手の体は確かに崩れたが、相手に振られた井上の体も畳をはう。主審は「有効」。捨て身の返し技を放ったリネールに、だった。約10分後、同じ悲劇に見舞われた鈴木がうめく。「何でこんなことが世界選手権で起こるのか」。鈴木の左大外刈りも確実にジリンスカスをとらえた。しかも、、続きを読む

Top▲

遼君、照れた?


「(質問されて)幸せでした…」と15歳は顔を紅潮させていた。 続きを読む

Top▲

松坂、好投も15勝目ならず!


松坂は1回1死満塁のピンチを招くも、後続を抑えて何とか無失点に抑えた。2回、3回は二塁を踏ませずテンポ良く好投。しかし4回、先頭ポサダに二塁打を許した後、松井にタイムリー三塁打を浴びて1失点。なおも無死一、三塁だったが、続きを読む

Top▲

ウッズ!史上5人目のツアー60勝!


タイガー・ウッズが早くもツアー60勝目だ。このままでは、新記録を達成するのも間違いないだろう。まさしく、記録と記憶に残る21世紀のスターである。 続きを読む

Top▲

イチロー、猛打賞マ軍連敗止まる!


米大リーグ、マリナーズのイチローと城島健司が10日(日本時間)、敵地でのタイガース戦に先発出場した。イチローは「1番・センター」で4打数3安打1打点の猛打賞。城島は「7番・キャッチャー」で4打数無安打だった。チームは14-7で快勝し、連敗を4で止めた。 続きを読む

Top▲

世界体操、水鳥メダル4個獲得!


1大会メダル4つは、日本男子の具志堅監督以来、26年ぶり。かつて、大けがで選手生命の危機に陥った際、励まされた「師匠」に肩を並べた。「4つなんてすごい」とひとごとのように喜ぶ水鳥に、「教え子だけに、まねしよったな」と同監督。 続きを読む

Top▲

リエティ・グランプリ室伏優勝!


陸上のリエティ・グランプリは9日、イタリアのリエティで行なわれた。男子ハンマー投げでは室伏広治(ミズノ)が今季自己最高の82メートル62で優勝。世界選手権で3連覇を果たしたイワン・チホン(ベラルーシ)にわずか1センチ差で競り勝った。続きを読む

Top▲

100m男子パウエル脅威の世界新!


陸上のリエティ・グランプリは9日、イタリアのリエティで行われ、男子100メートル予選でアサファ・パウエル(ジャマイカ)が9秒74の世界新記録をマークした。予選2組で1.7メートルの追い風に恵まれ快走し、余力を残してゴールしながら、自身が持つ従来記録の9秒77を0秒03も縮める驚異的な世界新。決勝でも9秒78の好タイムで優勝した。 続きを読む

Top▲

茜対さくら!2週連続茜V!


女子ゴルフ「日本女子プロゴルフ選手権・コニカミノルタカップ」最終日(9日、広島県安芸高田市・リージャスクレストGCグランドC=6560ヤード、パー72)で、首位でスタートした飯島茜(24)=TOTO=がこの日68をマークし、通算14アンダーの274で逃げ切ってメジャー初制覇し、3年のシード権を獲得した。続きを読む

Top▲

阪神怒涛の10連勝!


1球投げるたびに、球児の雄たけびが響いた。1点差に詰め寄られ、なおも10回2死一、二塁のピンチ。カウント2−0から、外角に構えた矢野のミットをめがけて、思いっきり腕をしならせた。150キロの速球に二岡のバットが空を切り、ゲームセット。「おもしろかったよ!」10連投の疲れも見せず、笑顔の花が咲いた。 続きを読む

Top▲

朝青龍、笑顔もどる?


「精神的に落ち着き、無表情もなくなり少し笑顔も出るようになってきた。当初あった不眠や食欲不振も回復している」。朝青龍の治療にあたっている精神科のオリヨル医師が9日、記者会見を開いた。続きを読む

Top▲

秋場所初日、白鵬黒星!


白い背中にべっとりとついた土。乱れたまげ。白鵬が“一人横綱”の重圧にのみ込まれてしまった。過去6戦全勝と得意としている安馬に立ち合いから苦戦。何とか左四つで組み止めたが、前に出たところを首投げで一回転させられた。続きを読む

Top▲

阪神、巨人破り単独首位に立つ!9連勝!


「首位? そら、意識はみんなどこかにあったと思うけど、残り二十数試合、何が起こるか分からないし、最後までやっていきたい」会見では明らかに声が上ずっていた。だが、試合後の興奮とは裏腹に、指揮官は0・5差で迎えたこの大一番に冷徹かつ巧妙な“ワナ”を仕掛けていた。(8日・東京ドーム) 岡田阪神が怒とうの9連勝、今季初めて単独首位に立った。 続きを読む

Top▲

松坂、最短降板!12敗目


レッドソックスの松坂は8日、当地でのオリオールズ戦に先発登板。1回にソロ本塁打で失点。4-1で迎えた3回は、無死満塁から2つの押し出し四球と適時打で同点とされ、2死後に8番ムーアにメジャーで初めての満塁本塁打を許した。  レッドソックスは5-11で大敗。 続きを読む

Top▲

ヒルマン監督今期で退団!決断のわけ?


勝負師の精気はなかった。5位・西武に完敗を喫してから40分後に始まったヒルマン監督の緊急会見。「今季限りで退団する決意を固めた。昨オフは去就で(世間を)騒がせ、今後は同じ状況に置かれずに済むでしょう」とすっきりとした表情を浮かべた。 続きを読む

Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。