ZenCartの操作方法について
MLB,プロ野球、ゴルフ、水泳、サッカー、テニス、陸上、オリンピックなど、スポーツに関する出来事、いろいろな話題について、気ままに書かせてもらいます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top▲

世界陸上、ゲイ2冠達成!


陸上の世界選手権第6日は30日、大阪・長居陸上競技場で行われ、注目の男子二百メートル決勝はタイソン・ゲイ(25=米国)が19秒76の大会新で優勝し、史上3人目となる百メートルとの2冠を達成した。続きを読む
スポンサーサイト

Top▲

イチロー、バット蹴られる!


超満員の本拠地で完敗した。首位エンゼルスとの3連戦で3連敗を喫し、5ゲーム差。重苦しい空気のクラブハウスで、イチローは「残念だねぇ」とつぶやいた。  拙攻で勝機をつぶした。イチローは続きを読む

Top▲

石川、7位発進!


フジ・サンケイクラシック(30日、山梨県河口湖町・富士桜CC)、ハニカミフィーバー、再び-。プロ2戦目に臨んだ注目の石川遼(15)=杉並学院高1年=が4バーディー、3ボギーの70、1アンダーの7位タイと、最高のスタートを切った。雨がそぼ降るコンディションの中、、続きを読む

Top▲

松坂、一発病?11敗目


松坂は過去2戦2勝と好相性の相手にだったが、初回に安打と四死球で1アウト満塁といきなりピンチを迎えてしまう。迎えたバッターは松井。打球はセカンドゴロも、その間にランナーが生還し1点を失う。続くポサダにタイムリーを浴び初回で2失点。打撃の援護もあり3回に同点に追い付いたレッドソックスだが、5回裏にジーターのホームランでリードを許してしまう。7回表に、、、続きを読む

Top▲

世界陸上!福士決勝進出!


陸上の第11回世界選手権大阪大会第5日は29日、大阪・長居陸上競技場で行われ、女子5000メートル予選で福士加代子(ワコール)が1組7着の15分19秒67で2大会続けて決勝に進んだ。続きを読む

Top▲

松坂、14勝目はプレーオフの切符か?


松坂が次回登板で勝てば、レ軍のプレーオフ出場はほぼ決定的―。レッドソックスの地元紙「ボストン・ヘラルド」紙の電子版は、27日付けで、首位を走るレ軍が、「28日からの宿敵・ヤンキース戦の3連戦で、どれか1試合でも勝てば、プレーオフに進出できるのは、続きを読む

Top▲

ロナウジーニョ、スペイン代表になる?


バルセロナのFWロナウジーニョことロナウド・デ・アシス・モレイラは27日、ガバ(バルセロナ県)地方裁判所で憲法順守の宣誓を行った。第2節より欧州連合(EU)国籍選手扱いとなり、外国人枠から外れる。 続きを読む

Top▲

FC横浜、高木監督突然解雇!


J1横浜FCは27日、成績不振を理由に高木琢也監督(39)の解任を発表。後任はブラジル人のジュリオ・セザール・レアル・ジュニオール氏(56)=登録名ジュリオレアル=で、この日から練習の指揮を執った。18日のリーグ戦でG大阪に引き分けるなど、チーム状態が上がってきた中での突然の解任に、続きを読む

Top▲

世界陸上、室伏メダル逃す!日本メダルなしか?


大阪世界陸上第3日 男子ハンマー投げ決勝(27日・長居陸上競技場) 男子ハンマー投げ決勝で、アテネ五輪金メダリストの室伏広治(32)=ミズノ=は、今季自己ベストの80メートル46を出したが、メダルに届かず6位に終わった。入賞の条件をクリアし、北京五輪代表の内定第1号となったが、続きを読む

Top▲

松井、この世のものでない、、、ゴール?


ルマンMF松井が25日のモナコ戦で芸術的な今季初ゴールを決め、代表復帰をアピールした。0―0の前半31分、自陣から約50メートルのドリブルで駆け上がり、右サイドにパスを送ると折り返しのクロスをジャンピングボレー。右かかとの内側でゴールに突き刺した。獲得に興味を示す続きを読む

Top▲

桑田ピッツバーグ去り、新たなる出発!


パイレーツを退団した桑田真澄投手(39)が約2か月間、“本拠”としていたピッツバーグを離れ、帰国前のグラウンド外の“修行の旅”をスタートした。  すっかり慣れ親しんだ場所を後にした。「(ピッツバーグの)家をいざ出るとなると、名残惜しい気持ちがあった。最後に一礼して、 続きを読む

Top▲

朝青龍、1億円申告漏れ


横綱朝青龍が、テレビ出演料などをめぐって東京国税局から平成17年までの3年間に約1億円の申告漏れを指摘されていたことが27日、分かった。3000万円を追徴課税され、すでに修正申告しているという。 続きを読む

Top▲

松坂デビュー戦のサインボール、29万円!


ボストンの地元メディア「ボストン・グローブ紙」やスポーツ専門局「NESN」らが主催するチャリティーイベントが25日(日本時間26日)のホワイトソックス戦後、シカゴ市内で行われ、レッドソックス松坂大輔投手(26)のサインボールが2500ドル(約28万7500円)で落札された。  記念のボールは松坂が4月5日メジャーデビュー戦(ロイヤルズ戦)で使用したもので、続きを読む

Top▲

世界陸上!暑さ対策は?


記録的な猛暑が続く中、少ないエネルギーで高い冷却効果がある人工の霧「ドライミスト」が再び注目を集めている。世界陸上大阪大会の会場にも設置されている。続きを読む

Top▲

世界陸上、朝原 …決勝進出ならず


「世界陸上・大阪」第2日(26日・長居陸上競技場)、13年間の思いが、涙になってこぼれ落ちた。大観衆の声援を背に、日本人75年ぶりの決勝進出を狙った朝原だったが、後半失速し8着。それでも自分の持てる力は出せた。「1番幸せなスタートラインだった」と涙をぬぐい、続きを読む

Top▲

世界陸上女子走り幅跳び、池田予選落ち!


 ◇池田、本来のジャンプできず  最後の3回目を跳び終わると、池田はなんとか笑顔を作って観客に手を振った。だが、いつもの輝く笑顔はない。メダルと7メートル突破を狙って今大会に挑んだが、その前の壁だった予選で力を出し切れず、涙をのんだ。 続きを読む

Top▲

ローズ、ノムさんにバカ!


<オリックス10-0楽天>◇26日◇京セラドーム大阪  快勝に沸くオリックスベンチから、ローズ1人が声を荒らげて出てきた。「バカ、バカ、バカ、ノムラカントク、バカ。コレ、カイトイテ」。矛先は敵の楽天野村監督。立ち止まることなく、一気にまくし立てた。  場面は10点リードの8回2死二塁の第5打席。捕手嶋は立ち上がらなかったが、続きを読む

Top▲

セイエA、森本今季初ゴール!


【ロンドン26日時事】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、FW森本貴幸のカターニアは26日、アウェーでパルマと今季初戦を行い、同リーグで初先発した2年目の森本が前半12分に先制点となる今季初ゴールを決めた。森本の得点は、、、続きを読む

Top▲

ゲイ、9秒85、朝原は決勝進出ならず-世界陸上


 陸上の世界選手権大阪大会第2日は26日、大阪・長居陸上競技場などで行われ、男子100メートルはタイソン・ゲイ(米国)が9秒85で初優勝した。世界記録保持者のアサファ・パウエル(米国)は、、続きを読む

Top▲

室伏、余裕の決勝進出


◆大阪世界陸上第1日 男子ハンマー投げ予選(25日・長居陸上競技場) アテネ五輪金メダリストの室伏広治(32)=ミズノ=が今季世界ランク1位のバディム・デブヤトフスキー(ベラルーシ)らと同じ予選1組に登場。2投目で、、、続きを読む

Top▲

巨人ふたたび首位!


<広島6-9巨人>◇25日◇広島  巨人が逆転勝ち、再び首位に立った。1点リードされた7回、5長短打を集め一挙4点を奪い逆転。最大4点差をひっくり返し、8回途中からは上原が締めた。続きを読む

Top▲

ベッカム!超ハードスケジュール!


【カーソン(米カリフォルニア州)23日(日本時間24日)】米MLS・LAギャラクシーのMFデビッド・ベッカム(32)が23日のデポルティボ・チバス戦にフル出場した。22日に英国で行ったイングランド代表の親善試合・ドイツ戦にフル出場し、23日早朝に米国へとんぼ返りして即実戦。今月だけで地球1周に相当する移動をして続きを読む

Top▲

イチロー、とうとう首位打者に!


米大リーグ、マリナーズのイチローと城島健司が25日(日本時間)、敵地でのレンジャーズ4連戦第2戦に先発出場した。「1番・センター」のイチローはタイムリーを含む3安打を記録し、首位打者に躍り出た。また、7年連続シーズン200安打達成まであと、、、続きを読む

Top▲

為末まさかの予選落ち


◆大阪世界陸上第1日 男子四百メートル障害予選(25日・長居陸上競技場) 世界選手権で2度の銅メダルを獲得した為末大(29)=APF=がまさかの予選落ちを喫した。予選3組に出場した為末は49秒67で同組6位に終わり、続きを読む

Top▲

浅尾、西堀組は3位に終わる


ビーチバレー女子のマーメイドカップ第3日は25日、神奈川県鵠沼海岸で行われた。浅尾美和、西堀健実組(ケイ・ブロス)は、前回準優勝の楠原千秋(湘南ベルマーレ)、佐伯美香(ダイキ)組に続きを読む

Top▲

浦和、勝ち点49に!


サッカーのJリーグ1部(J1)は25日、第22節の7試合があり、首位の浦和はFC東京に逆転勝ちして勝ち点49。前節に4カ月ぶりに首位から陥落したガ大阪は、続きを読む

Top▲

浅原1地位通過!


(25日・長居陸上競技場) 6度目の世界選手権となる35歳のベテラン、朝原宣治(35)=大阪ガス=は1次予選1組で優勝候補のタイソン・ゲイ(米国)を0秒05差で抑え、10秒14の1着で堂々の2次予選進出。7組に出場した塚原直貴(22)=東海大=も10秒20の自己ベストで2着に入り、二次予選に進んだ。 続きを読む

Top▲

大久保が平山にゲキ!


国見高の後輩が、気にならないわけがなかった。日本代表のカメルーン戦の試合後、大久保嘉はロッカーでU−22日本代表のベトナム戦を観戦した。「外しまくってましたね」と、、、続きを読む

Top▲

室伏広治“特別待遇”金狙う


陸上の世界選手権大阪大会は25日、長居陸上競技場で開幕する。04年アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(32=ミズノ)は、開幕前日の24日に大阪入り。練習に集中するため23日の日本選手団結団式を欠席したが、、、続きを読む

Top▲

浅尾組、前年覇者から勝利!


浅尾が国内公式戦で価値ある勝利をゲットし、本人が気にしていたジンクスを打ち破った。24日、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸にてビーチバレー「マスターカードマーメイドカップ」の2日目が行われ、浅尾美和/西堀健実(ともにケイ・ブロス)組が前年覇者の小泉栄子/田中姿子(ともにフリ―)組をフルセットの末に退けた。第1セットを奪われ、劣勢に立たされたところから逆転勝利を決めた。続きを読む

Top▲
Copyright © スポーツニュース アイ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。